わくわく子育て体験記

子供の成長記録に加え、子連れで外出する際のお役立ち情報(授乳室など)発信中!

*

優しい味わいが子供のおやつにも最適!久世福の「おとうふドーナツ」

   

スポンサーリンク

ザ・ジャパニーズ・グルメストア”をコンセプトに、世界をめざして日本が誇る和食文化を発信している「久世福商店」。

取り扱い品目はなんと約2000品目。

多くの商品が並ぶ中、子供の大喜びする顔がよぎり思わず購入した「おとうふドーナツ」を紹介します。

スポンサーリンク

久世福商店の「おとうふドーナツ」

久世福おやつ工房

久世福おやつ工房は長野県信濃町にあります。
おとうふドーナツ作りは、味が濃厚でおいしいお豆腐を選ぶことから始まりました。
おいしいおとうふドーナツ作りで一番大事なのは、やはりおとうふ自身のおいしさ。
お豆腐の味わいを感じてほしいから、油で揚げても負けない濃い味わいのお豆腐を探し求めました。

(「久世福商店」ホームページより)

久世福商店の「おとうふドーナツ」は、各店手作りではなく長野県にある「久世福おやつ工房」で作られているんですね。

 

使われる「おとうふ」は?

「おとうふドーナツ」に使われるお豆腐は、長野県飯綱町で収穫された大豆、“ナカセンナリ”で作られています。

普段私たちが口にするお豆腐よりも、糖度の高い豆乳を使っているそうです。

 

加水無しのドーナツ

驚いたのはなんといっても、“お豆腐の水分だけで生地を練り込んでいる”こと!

コストだけを重視していては出来ないこだわり!!

丁寧に手でこしたお豆腐、専用の粉、卵の3つの材料を混ぜ合わせてできた生地を、成形して3分揚げるだけという、材料も作り方もいたってシンプル!

シンプルなのが一番難しい!

 

優しい味わいのドーナツ

割ってみて驚いたのがそのふんわり感。

そして食べてみるとしっとりとした中に、もちっととした食感まで感じられる!

優しい甘みでさっぱりと食べられるので、3つくらい余裕で食べられちゃうかも!?

 

バラエティーに富んだ「おとうふドーナツ」

揚げたてのドーナツは、プレーン(信州産豆腐)のドーナツにチョコレートなどがコーティングされており、様々な味を楽しむことができます。

そのコーティング(グレージング)は、ひとつひとつ丁寧に手作業で行われているそうです。

 

なんとこの日は運良く「届いたばかり」ということで、9種類ものドーナツを一度に拝見することができました!!

  • みたらし
  • 煎り黒胡麻
  • 信州産豆腐
  • 八女の抹茶
  • 白雪チーズ
  • つぶつぶ苺
  • ほろにがチョコ
  • 紫いも
  • 檸檬

 

ドーナツを見ると必ず浮かぶ喜ぶ子供の笑顔・・・。

迷いに迷って6種類の「おとうふドーナツ」を購入。

 

どれも繊細な味わいで、ほんのり香る優しいお豆腐の風味が病みつきになります。

様々な味がありますが、どれもドーナツ(プレーン)と主張し合わず、うまく交じり合っていました。

 

オススメドーナツは?

子供のおやつにするなら

我が家の息子は何と言ってもいちご好きなので、「つぶつぶ苺」に真っ先に手が伸びました(笑)

 

大人のおやつ

大人ならやっぱり「八女の抹茶」かな?

これなら甘いものが苦手な方でも平気で食べられるかも!?

 

「みたらし」も「煎り黒胡麻」も・・・

「みたらし」は甘しょっぱいグレージングが堪らない!

ゴマはたーーっぷりと乗っていて、その風味にも驚くはず!

 

全部オススメ(⌒-⌒; )

結局のところ、全部オススメ(⌒-⌒; )

どれを食べても間違いなし!

季節商品もあるようなので、それも踏まえながら好みの味を探してみてください♪

 

「久世福商店」関連記事

今回紹介した「おとうふドーナツ」は、’18.3にオープンしたばかりの「久世福商店 仙台クリスロード店」で購入しました!

仙台初出店!日本全国のうまいものセレクトショップ「久世福商店」がグランドオープン!

「久世福商店」のオススメ商品

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 子連れでお出かけ, 子連れで食事