わくわく子育て体験記

子供の成長記録に加え、子連れで外出する際のお役立ち情報(授乳室など)発信中!

*

大人気のパティスリー「ルイドゥレトワール」のオーナーが手がける新ブランドショップ「ボタニカル」がニューオープン!

   

スポンサーリンク

仙台市泉中央にあるショッピングセンター「セルバ」。

ここ1階に新たにオープンした「PASTRY BOTANICAL(パストリーボタニカル)」を紹介します。

スポンサーリンク

パティスリー「ルイ・ドゥ・レトワール」


仙台で大人気のパティスリー「Rue de L’etoile (ルイ・ドゥ・レトワール)」。

仙台市青葉区堤通雨宮町にあり、最寄り駅は仙台市地下鉄「北四番町駅」。

普段車で移動する私には、利用したいと思ってもなかなか利用しづらい立地にある・・・。

そんな、行きたくてもなかなか行けなかった「Rue de L’etoile (ルイ・ドゥ・レトワール)」のオーナーシェフが手がける新ブランドが「PASTRY BOTANICAL(パストリーボタニカル)」です。

 

オーナーシェフパティシエ 加藤 稔之氏

「PASTRY BOTANICAL(パストリーボタニカル)」を手がけるのは、「Rue de L’etoile (ルイ・ドゥ・レトワール)」のオーナーシェフパティシエ加藤 稔之さん。

1980年、宮城県栗原市出身。
調理師学校卒業後、仙台市内のパティスリーにて修行を始める。
辻口博啓氏のショコラトリー「ル ショコラ ドゥ アッシュ」でショコラティエとしての基盤を築き、渡仏。ブルゴーニュ地方の「パティスリー ジャマン」にてさらに腕を磨き、帰国後「ウェスティンホテル仙台」のシェフパティシエを務める。パティシエとしての幅を広げ2014年独立、パティスリーとブラッセリーを融合させたスタイルの“ルイ・ドゥ・レトワール”をオープン。

出店:ルイ・ドゥ・レトワール ホームページ

 

新ブランド
「PASTRY BOTANICAL(パストリーボタニカル)」

新ブランド「PASTRY BOTANICAL(パストリーボタニカル)」は「材料・味や香りなど、植物にスポットをあてた五感で楽しめるスイーツ」をテーマとしてデビュー!

セルバ1階にオープンしたショーケース内には店名「BOTANICAL」をそのまま商品名としたケーキも並んでいました。

 

五感で楽しめるスイーツ

たくさん並ぶスイーツの中から悩み抜いて3種のケーキをいただいてきました。

 

BOTANICAL(500円)

お店の名前をそのまま商品名とした看板商品「BOTANICAL」。

鉢植えに植えられた植物のようで、このままインテリアとして飾っておきたくなるかわいらしさ。

植物を掘りおこすようにスプーンを入れると、中からはチョコレートムースがお目見えです♪

独特の風味・そしてローズマリーの香りを終始味わうことができます。

サクサクとした食感も面白い!

甘さ控えめで、甘いものが苦手な方にもオススメのケーキです。

 

タルトレッドローズ(480円)

そこにバラが咲いているような見た目の美しさに魅了されることなしの「タルトレッドローズ」。

さらに魅了されるのは、その調和のとれた味わい。

間違いなしの美味しさです♪

 

低糖質ロールケーキ(苺)(480円)

中にはたっぷりの苺が入っていました。

スポンジはやや固めですが、クリームもたっぷりと入っているのでパクパク食べられます。

「低糖質」とは言ってもしっかりとした甘さがあり、甘いものに目がないスイーツ女子・男子にはもってこいのケーキです。

 

手土産にもオススメの焼き菓子類

ショーケース内のマカロンの他、焼き菓子類も豊富です。

当日並んでいたのは13種類。

自分へのご褒美はもちろん、贈答用としても喜ばれそうですね。

 

オープニングフェア

「PASTRY BOTANICAL(パストリーボタニカル)」では4月15日(火)まで、オープニングフェアを実施中!

1000円以上の購入で焼き菓子がプレゼント!

しっかりと可愛くラッピングされた中身はこちら・・・

 

店舗情報

「PASTRY BOTANICAL(パストリーボタニカル)」

■住所:仙台市泉区泉中央1丁目4−1 SELVA1階

■電話:022-371-1233

■営業時間:10:00ー21:00

 

スイーツ関連のオススメ記事

人気ジェラート店「ミルキッシモ」が仙台・泉のセルバテラスにオープン!

レトロな鍵のロゴが目印◆小ぶりでキュートなケーキが並ぶスイーツ店

 

仙台のカフェに興味のある方にオススメの本

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 子連れで食事