わくわく子育て体験記

子供の成長記録に加え、子連れで外出する際のお役立ち情報(授乳室など)発信中!

*

東京ディズニーランドホテル ファミリールームは家族で最高の時間を過ごせるオススメの客室です♪

      2017/08/22

スポンサーリンク


随所にディズニーキャラクターのモチーフをデザインとして取り入れた東京ディズニーランドホテルの客室は全706室。客室は4つのカテゴリーに分かれています。

スタンダードルーム

東京ディズニーランドホテルの客室の中で、最も多いタイプの「スーペリアコーヴルーム」などの客室が706室のうち457室用意されています。

キャラクタールーム

ディズニー映画に登場するキャラクターをテーマに特別にデザインされたお部屋です。

ディズニーティンカーベルルーム、ディズニーふしぎの国のアリスルーム、ディズニー美女と野獣ルーム、ディズニーシンデレラルームの4種類の部屋が用意されています。

コンシェルジュルーム

専用ラウンジ「マーセリンサロン」の利用、ロビーラウンジでの朝食など、ワンランク上の滞在を満喫できます。客室は東京ディズニーランド側に位置しています。

スイートルーム

8−9階の高層階にあり、広々とした豪華な客室から東京ディズニーリーゾとを一望できます。専用ラウンジ「マーセリンサロン」の利用のほか、朝食をロビーラウンジまたはルームサービスから選べるのが特長です。

今回私たちはファミリールームに宿泊しましたが、ファミリールームにはスタンダードとコンシェルジュの2タイプ。さらにスタンダードの中にも「ジュニアファミリールーム」「ジュニアファミリールーム(パークビュー)」「ファミリールーム(パークビュー)」の3種類があったので、東京ディズニーランドホテルのファミリールームは全部で4種類用意されていることになります。

 

 

コンシェルジュのファミリールーム

今回宿泊したのはコンシェルジュのファミリールーム。

心が震えるほど豪華で感動したのでご紹介します。

 

 

コンシェルジュのファミリールームは隣り合う2つの客室で構成されていました。

それぞれ外から直接お部屋に入ることができますが、客室同士は客室内で扉で繋がっているので、外に出ることなく行き来することができます。

 

まずは主寝室に当たるこちらのお部屋!

これまで宿泊した中でもダントツの広さ!

左手に、最高の睡眠を提供してくれたベッド。

 

さらにその奥に豪華なソファー。

隣にテーブル。

左手にテレビ。

下の引き出しには金庫やパジャマが入れられていました。

洗面台は2箇所。

洗面台の左手にバスルーム。

バスタブは快適なブロアバスで、バスルームからは外を望むこともできました。

洗い場付で、小さな子供を連れての入浴もゆったり安心して入浴することができました。

テレビもあります。

バスルームと反対側にお手洗いがあります。

こちらは扉を閉めるとスッキリ!

客室の右手がバーカウンターとお化粧台。

 

 

客室へ案内された瞬間にお部屋の凄さに心を奪われ、素通りしてしまいましたが、客室に入ってすぐ右手にあるクローゼットも、その前のスペースにも贅沢にスペースが使われていて驚きました!

 

 

こんなにご紹介してきましたが、隣のもう一つの客室も同じようにベッドや家具類が準備されていました。

広さは劣るものの、こちらの部屋しか知らなければ、狭いなんて微塵も思わないほどの広さ!

こちらの部屋だけでも十分に満足できる客室です。

 

 

ディズニーキャラクターが描かれたルームアメニティ

ディズニーホテルの客室には、ディズニーキャラクターの描かれたルームアメニティーがたくさん用意されていました。

今回は2歳と0歳の子供も一緒に宿泊したため、子供用のアメニティーも用意してくださっていたので合わせてご紹介します。

ハブラシ、バスジェル、シャンプー、ヘアコンディショナー、髭剃り、アメニティーキット
(綿棒・コットン・シャワーキャップ・ヘアバンド)、ブラシ。

子供用マグカップ。

子供用ハブラシ。

女性の宿泊者には化粧品類のサービスも!

バスビーズもありました。

スリッパ。

ペーパーバッグ。

 

 

嬉しい子供向けのサービス

子様用のパジャマ

S(100cm以下)、M(100-120cm)、L(120-140cm)の3つのサイズのパジャマが用意されています。

息子はただいま身長84cmなのでSサイズをお願いしました。

肩の部分だはだけてくる感じはあったものの、ダボっとちょうどよく着れている印象でした。

踏み台

洗面台には踏み台も用意されていました。

オムツ用ゴミ袋

ベッドガード

ベッドガードは各客室に1台ずつ用意されているそうです。

チェックイン時にどのように設置するか確認していただけます。

私はベッドを壁側に寄せてもらい、その反対側と足元にベッドガードをお願いしました。

 

 

ベビーバス

ベビーバス、洗面器、湯温計も準備してくださいます。

 

細かなアメニティはチェックイン時にセットされていましたが、パジャマやベッドガードなどは、チェックイン後に改めて準備してくださいます。

ベビーバスやベビーベッドなどは、事前予約が必要です。

 

 

2連泊の醍醐味?

今回はこのファミリールームに2連泊したのですが、2日目はディズニーランドで遊び、お部屋に帰ると、こんなに可愛い動物たちがお迎えしてくれました!

さすが東京ディズニーランドホテル!!と思ったものの一つです♪

 

 

窓の外には・・・

客室の窓の下を望むと、ヴィクトリア朝様式の美しいガーデンが広がっています。

 

幾何学模様に低木が配置された
庭園内には池とガゼボがあり、落ち着いた雰囲気の中で散策をお楽しみいただけます。

そしてもっと遠方を見ると、ディズニーリゾートラインの東京ディズニーランドステイション。

そしてその向こう側には東京ディズニーランド、さらに奥には東京ディズニーシー!

宿泊したのは6階の客室でしたが、夜のプロジェクションマッピングも見ることができました(音も小さくですが聞こえます)。

花火もよく見えて、花火好きの息子も大喜びしていました♪

 

 

コンシェルジェファミリールームの魅力

ファミリールームの魅力は、何と言っても家族みんな、大勢で一緒の時間を楽しめることだと思います。

今回は、私と息子(2歳)の他に、私の両親、妹夫婦と子供(0歳)という7人で利用しました。

部屋を扉で分けられるのでプライベートを保てる一方、気軽に一つの部屋に集まることもできます。

一つ一つのお部屋は本当に広く、宿泊1日目にはルームサービスを利用しましたが、おそらくそのテーブルは3台くらい入れても十分なほどです。

景観も最高で、お部屋からは東京ディズニーランドステイション、そして東京ディズニーランドと、夢の国にいるのをずっと感じられます。

息子は何度も走ってくるディズニーリゾートラインを、何度も何度も飽きることなく眺めていました。

細かなところにディズニーキャラクターがいたりするのも、かくれんぼしているみたいで楽しい♪

とにかく豪華!楽しい!

ワクワクがとまらない、お勧めのお部屋です♪

【関連記事】

「東京ディズニーランドホテル」のおすすめポイント!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - ディズニーリゾート, ホテル、旅館, 旅行 , ,