イベント情報

“ワンワンまつり みんなでワッショイ!カーニバル編”に行ってきた♪

2歳5ヶ月(899day)の息子を連れて、“ワンワンまつり みんなでワッショイ!カーニバル編”(以後「カーニバル」と表現します)に行ってきました♪

しかも仙台から埼玉まで(笑)

会場は「さいたま市文化センター 大ホール」

ベビーカーで会場の「さいたま市文化センター」まで行きましたが、「南浦和」から会場までの歩道はあまり広くなく、また子供連れの方がたくさんいたのもありちょっと歩きづらかったです。

日常利用している分には何の問題もないのだと思うのですが・・・。

入場前からワンワンに会えた!

さて、会場前に到着すると、外に設置してあったこの看板↓と写真を撮るための行列ができていました!冷静になると「なぜわざわざ看板と一緒に?」と思うのですが、会場に行くと盛り上がって撮りたくなるんだよな(笑)

写真は撮りたいけど行列に並ぶ時間はなく・・・「看板だよ??」と強がりを心の中でつぶやきつつ、会場内へ!

入場者へ配られたもの

まずベビーカーを預け、大ホールへ向かいます!

入場の際には「カーニバル」で使う袋の他、うちわ、シール、協賛となっている「グリコ」の幼児のみもののパンフレットをもらいました。

 

ワンワンまつりのグッズ販売

大ホールのエントランスではグッズ販売!

グッズは綺麗に列を作って購入するわけではなく、アーティストのライブなどと一緒でもみくちゃになりながらの戦い!!

自分一人なら普通の光景なんだけど、子供を抱っこしながらとなるとちょっと大変( ´Д`)

販売されていたグッズ

ちなみに当日扱っていたグッズはこちら。

何箇所か看板が出ているので、購入するものを事前に決めておいた方がいいです。

グッズ販売の場所にはこんな風にざっと並んでいるので、「〇〇ください!」と元気に係りの方に言うとサッと渡してくれます。

「ふんわりネックパス」を購入・・・

私は「かわいい・使えるし」と思い「ふんわりネックパスケース」を購入したのですが・・・

購入し終わって息子にかけてあげようとすると、

 

息子「ママ ワンワンのふうせんかった??」

母「買ってないよ。これもワンワンだよ、つけてみよう」

息子「ヤダ!ワンワンのふうせんもつの!!」

母:ガーーーン・・・

更に続ける息子

息子「◯◯くんはワンワンのふうせんもつの!ママはウータンのふうせんもつの!!」

母:ガーーーン・・・

 

バルーンはそのお値段に恐れおののき、購入するのをやめたんだよね(´∀`; )

合理的な考えは通用しなかった・・・。

でもまぁ、せっかく埼玉まで来たしね・・・。

母は断腸の想いでバルーンを購入し、満足した息子は会場内でノリノリ♪

(↓開始前の写真です)

 

「カーニバル」スタート!!

さて、カーニバルがスタート!!

息子はノリノリで、一緒に歌ったり、掛け声をかけたり、手拍子したり、ジャンプしたり・・・

思った以上にショーに入り込んでいてビックリ!!

ちょっと前までは、こういうの苦手だったと思うんだけど!?

最後の「わーお」を歌うときも、りんたろうが「通路に出てきて」と声をかけると、自ら向かった!!

勧めても行かないタイプだったのに〜〜!!

正直、「わざわざ埼玉まで行くの??」とワンワン熱が冷めていた私でしたが、とっても楽しそうな息子を見て、「来て良かったーーー!」と心から思いました♪

更に言ってしまうと、息子だけじゃなく私もとっても楽しくて、生のワンワンに興奮(笑)

 

終了後のお楽しみ

「カーニバル」が終了し大ホールからエントランスへ出ると、記念スタンプを押すコーナーが作られており、行列ができていました。

こんな風に仕上がって、塗り絵と一緒持ち帰れます。

記念スタンプを押した用紙は、組み立てると写真立てに。

スムージーももらえた!

更にエントランスから外に出るときには、協賛の「グリコ」さんからお土産に、ワンワンがパッケージなっている「こどもスムージー」をいただきました。

よく冷えていて、とっても美味しかった♪

 

ワンワンとの写真撮影コーナー

更にエントランスを出た外では・・・ワンワンのお人形さんとの撮影コーナーが大繁盛!

実はこの写真撮影場所、ものすごーーくわかりづらくて気づいた時には「30分くらいかかります」(係りの方)とのことで断念。

※余談ですが、このワンワン、仙台のNHKに行くと写真取り放題( ^ω^ )
これ↓にちょこっと書いてます。

錦町公園でのお花見に持参したいオススメグルメ4選仙台市内でも早い時期に桜が咲き始め春の便りを知らせてくれる「錦町公園」。 今年もたくさんの綺麗な桜の花を咲かせてくれていま...

2歳児の反応

結局写真は全然撮れなかった( ; _ ; )けど、とにかく・とにかく楽しいコンサートでした!!

息子は終わってからも、「カーニバル」の中で教えて貰った、グー・チョキ・パーでする「ルルルルル・カーニバーール!!」を思い出しては突然やり出し、ノリノリ♪

一緒に行けなかったパパにも「おおきいうーたんいた!」とか「あとワンワンと、キリンと・・・」と熱心に教えていました(笑)

私もとーーっても楽しかったので、また一緒に行きたいな♪

 

次回への反省(攻略法)

◆会場へは早く到着する事

開演の30分前に会場に到着しましたが、当然ものすごい人で大混雑。

おかげで写真撮影スポットを一つ見送りました。

◆購入するグッズは事前に決めておく

グッズコーナーは大人も子供ももみくちゃです。

子供のために熱い優しいお父さんお母さんが来ているのだから当然ですね。

「実物を見て選ぶ」という雰囲気ではないので、写真を見て決めておくのが無難です。

◆終演後は素早く外に出る事

席が4列目と良席でホール外へ出る扉が遠かった事もあり、のんびり外に出たのですが、終演後に「記念スタンプ」のコーナーや「ワンワンとの写真撮影コーナー」が準備されていて、どれもすごい列となっていました。

こどものコンサートで何度も“まさか”のアンコールがあるとは考え辛いので、余韻に浸りたい気持ちは抑え、素早く外に出て「記念スタンプ」のコーナーや「ワンワンとの写真撮影コーナー」に向かいましょう。

※会場への到着が遅かったので、もっと早い時間に「記念スタンプ」のコーナーや「ワンワンとの写真撮影コーナー」が用意されていたのかは未確認です。少なくとも開演の20分位前はありませんでした。

◆ベビーカーの受け取りも迅速に

入場時にベビーカーを預けましたが、ベビーカーの受け取りにも侮れないほど並びました。

割り切って「記念スタンプ」のコーナーや「ワンワンとの写真撮影コーナー」を終えてのんびり並ぶか、大人が複数いる場合にはさっさと並んで受け取ってしまうか、決めておくと良いと思います。

赤ちゃんの健康を願って|相撲デビューは「赤ちゃん抱っこと撮影4人マスC席」古来から「お相撲さんに赤ちゃんを抱っこしてもらうと丈夫に元気に育つ」と言われているのは有名な話。 お相撲さんに赤ちゃんを抱っこして...
仙台アンパンマンミュージアム攻略法|100%満喫するためのポイント大公開何度か足を運んでいる「仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール」ですが、実は有料のミュージアムゾーンには足を踏み入れたことがありません...