日々の出来事

たった10分で35,000円の節約!電気料金プラン見直しで賢く使おう♪

毎年冬になると家計を圧迫する「電気料金」

寒冷地(宮城県)に住む者にとっては、暖房費を節約して風邪をひいていては元も子もないので「仕方ない」とは思うものの、やはり引っかかる出費。

そこで電力会社の変更を検討しようとは思ったものの、なかなか一歩を踏み出せず、延ばし延ばしにして目をつぶっていました。

 

ところが!重い腰を上げて一歩を踏み出すと驚くべき事実が!!

まずはプランの見直しをしてみようと動き出したところ、料金プランを変更するだけ

なんと

年間約35,000円

節約できることが判明!!

面倒なことは一切なく、とっても簡単に変更できたのでご紹介します!

予備知識

契約している電力会社:東北電力

現在はマンションに住んでいるが、入居時に電気料金のプランを選んだ記憶はない。

入居後5年くらい経つがプランの見直しは一切行ったことはなく、前年と比較して増えた電化製品は見当たらない。

 

東北電力の料金プラン

東北電力で用意されているプランはこちら

(出典:東北電力 料金プラン(一部))

一般家庭向けには、約10種類のプランが用意されています。

(H30.3時点)

 

どのプランに変更する?

これまで、いろいろな料金プランがあるということは知ってはいたものの、料金プランを見ても全くどのプランにしたら良いのかわからず・・・。

そこで利用したのが「東北電力のコールセンター」!

 

することはたった3つ

今回年間約35,000円(試算)の節約に成功しましたが、その手続きは「料金プランお問合せ窓口」を利用すればとっても簡単・3ステップ♪

step1 料金プランお問合せ窓口(コールセンター)に電話

step2 料金プランの試算結果に合わせて、契約するプランを決定する

step3 届いた書類に必要事項を記入して返送

全部合わせても、10分もかかっていない??

これまでうだうだ「電気代高いなぁ」なんて言っていたのが恥ずかしいくらい簡単でした(笑)

もちろん全て「無料」でやってくれるので、「料金プランお問合せ窓口」を上手に活用しましょう♪

東北電力 料金プランお問合せ窓口

電話番号:0120 175 028

受付時間:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時まで
※祝日,年末年始(12/29~1/3)を除く

 

step1 料金プランお問合せ窓口へ電話

手元には「お客さま番号」がわかる検針票などを用意しておきましょう。

①コールセンターへ電話

上記の「料金プランお問合せ窓口」に電話すると、まずは本人確認。

私は主人の名前で契約しているので、妻であることを伝えた後に手続きが開始となりました。

②プランはお決まりですか?

早速本題ですが、コールセンターの受付の方には、

「料金プランを変更したいけれども、どのプランにしたら良いのかわからない」

という趣旨のことを伝えます。

気のきいた方なら、すぐに

「ではこちらでお調べいたします」

風な回答をくれると思います。

③3つの質問に答える

東北電力側で最適なプランを試算するにあたり、幾つか簡単な質問があります。

確か3つ・・・。

○昼間は家族のうちの誰かが在宅かどうか?

○休日の昼間は家に在宅かどうか?

といった様な質問だったと思います。

難しいことは一切聞かれないので、聞かれたことに素直に回答すれば問題ありません。

試算表が届く

「料金プランお問合せ窓口」に問い合わせてからおよそ1週間以内に、東北電力から郵送で「料金プラン試算結果」が届きます。

入っているのは以下の9点

  1. 送付状
  2. 試算結果のお知らせ
  3. 試算における契約容量について
  4. 電気料金単価一覧表
  5. 低圧電気供給実施要項加入申込書
  6. 加入申込書記入例
  7. ご契約にあたって
  8. 返信用封筒
  9. 料金プランパンフレット

契約プランを決める上で重要となる書類は「2.試算結果のお知らせ」で、他はほとんど使わないかと思います。

 

step2 料金プランの試算結果に合わせて、契約するプランを決定する

電気料金の試算は、過去1年間の電気料金と、電話での質問の回答に合わせて算出してくれます。

今回は12月に「料金プランお問合せ窓口」へ電話したので、前年の12月から1年間の電気料金と比較しての試算となっていました。

左上には現在契約している料金プラン(契約種別)と契約容量が表記されています。

 

驚くべき試算結果

横に①②③とあるのが、提案された料金プラン。

④が現在の料金プランでの過去1年間の電気料金です。

赤字は④(現在のプランでの使用料金)から①(よりそう+ナイトS)へ変更した場合にお得になる金額。

青字は④(現在のプランでの使用料金)から②(よりそう+ナイト12)へ変更した場合にお得になる金額。

「よりそう+ナイトS」で同じように電気を使用した場合、年間35,247円の節約!

「よりそう+ナイト12」では年間34,941円の節約に!

年間の合計でも驚きですが、さらに驚くのは、夏季・冬季関係なく全ての月で料金プランを変更した方がお得になるということ!!

この試算表にはとにかく驚き、早速料金プランを変更することにしましたp(^_^)q

 

step3 届いた書類に必要事項を記入して返送

記入する用紙はこちらの「低圧電気供給実施要項加入申込書」。

記載例も同封されてくるので、これに従って記入していきます。

契約決定方法

記入例を見ながら記入していけば良いようにはなっていますが、「②契約決定方法」のところだけ意味がよく分からなかったので問い合わせてみました。

記入例では「主開閉器契約」にチェックが入れられています。

この「主開閉器契約」は一般的な契約で、各家庭で使用する電力についてはこちらを選んでもらえば良いそうです。

「実量契約」は使用容量の定めがないため、どんなに電気を使ってもブレーカーが落ちることはなく、工場や病院などでされる契約のようです。

ちなみに「主開閉器契約」の方が基本料金が安いということでした。

 

必要事項を記入して、同封されている返信用封筒に入れてポストへ投函!

これでやることは終了です。

 

プラン変更までの期間

プランの切り替え日は契約変更手続きが完了した後の最初の検針日となっています。

私が申込み書に記入してポストへ投函したのは、次回の検針日のおよそ5日前。

残念ながら直近の検針日には間に合いませんでした。

ならば「翌月からか・・・」と思いましたが、待てども待てども、変更になった趣旨のお知らせが届きません。

 

変更通知

「変更になる迄一体いつまでかかるんだろう?」と、しびれを切らして問い合わせようかと思っていた矢先、東北電力からやっと届いた一通のお手紙・・・。

「やっと翌月から変更になるのかー」と思って中を開けてみると、

すでに変更になっていました!

通知が届いたのは3月3日。

なんと半月以上前に新しい料金プランに変更になっていました!

心配して損した(笑)

 

料金プラン変更後の電気料金

左が料金プランが変更になる以前「従量電灯B 60アンペア」の時の検針票。

右が料金プランを「よりそう+ナイトS」に変更した後の検針票です。

右側の検針票の真ん中あたりには2月13日から料金プランが変更になったことが記載されています。

昼間と夜間の電気料金が違うため、電気の使用量の表示の仕方も違っていますね。

本当にプラン変更で安くなるのか!?

さて、使用量はほぼ同じ!!

気になる電気料金は!?

なんと約3,000円も安くなってる!!

 

まとめ

家計にありがたい

今回行ったのは電気の料金プランの見直し

料金プランを変更して1ヶ月、既に3,000円の節約に成功!!

年間でみればさらに大幅な節約につながりそうです♪

1年毎のプラン変更も可能

電気の料金プラン変更は初めての試みでしたが、とっても簡単に料金プランを切り替えることができました。

変更したプランは1年間は変更できません。

逆に言えば、1年経ったらまたプランを変更してもいいということ!!

あまりにも簡単だったので、「1年毎に見直しをかけてもいいかな?」と思っています。

電力会社泣かせですけどね(笑)

「背に腹はかえられぬ」ので、子供の成長や家族構成の変化に合わせて、賢く使っていかないと!!

次なるは節電・・・

春や秋などの、どう考えても電気をほとんど使っていないという時期でも、我が家の電気料金は比較的高め・・・。

密かに「犯人は冷蔵庫!!」と思っている。

もう20年以上連れ添った冷蔵庫・・・。
(結婚する以前からの主人の持ち物)

新しいものにしたいとは思うものの、今の家を引っ越してから買い直したいという思いも払拭できず・・・。

悩ましいところです。

思ったらすぐ行動!

「冬になったら変更しようかなーー??」

なんて思っている方!

プラン変更までは時間がかかります!

電気料金が気になったらまずはコールセンターへ電話!

無料ですからね♪

家庭ごとに当然結果は違うと思いますが、我が家の場合は一年中どの月でもお得になる試算。

季節に関係なく変更を検討する価値あり!

 

東北電力 料金プランお問合せ窓口

電話番号:0120 175 028

受付時間:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時まで
※祝日,年末年始(12/29~1/3)を除く

詳しくはこちら

夜間使用している暖房器具

サンルミエ|赤ちゃんとの生活に最適の暖房器具で冬を乗り切ろう仙台に住む我が家では10月になると毎年登場する暖房器具「サンルミエ」。 この「サンルミエ」、購入しようかどうか正直悩みました。 ...