カフェ

仙台港エリアの人気スポット!サボラボ・湊の小十郎常設の「動くお店」の展示場「うみカフェ」

仙台港エリアに6月にオープンした「うみカフェ」。

私はてっきり新しいモールのようなものがオープンしたのかと思っていましたが、ここはなんとトレーラーハウスやユニットハウス、キッチンカーなど、動くお店の展示場なんですって!!

確かに、お邪魔してみるとたくさんのキッチンカーが展示されていました。

「うみカフェ」には、キッチンカーの展示の他に、常設店舗として「湊の小十郎」、「SABO Lab.(サボラボ)」、「うみカフェ アミーゴ」の3店が営業しています。

うみカフェの常設店
  • 湊の小十郎
  • SABO Lab.(サボラボ)
  • うみカフェ アミーゴ

ここでは「うみカフェ」に常設している、3店の特徴や営業時間などの情報をまとめています。

仙台港近辺にお出かけの際のランチやカフェ選びの参考にしてくださいね。

『うみカフェ』のアクセス・駐車場

住所宮城県仙台市宮城野区中野3-4-17[MAP]
アクセス・仙台うみの杜水族館 徒歩約15分
・仙台港アウトレット 徒歩約15分
・中野栄駅 徒歩約25分
営業時間
定休日
電話
【SABO Lab.(サボラボ)】
[平⽇]11:00~18:00、[⼟⽇祝⽇]10:00~18:00
定休日:火曜日
電話:022-352-3677
【湊の小十郎】
11:00〜14:00、17:00〜22:00
定休日:水曜日
電話:022-797-5168
【うみカフェアミーゴ】
11:00〜15:00
定休日:火曜日
駐車場うみカフェ敷地内10台程度

【湊の小十郎】ランチは煮干しそばや牛タンが人気!

湊の小十郎は、昼は煮干しそばと仙台牛たんの店、夜は仙台や青森のフードを提供する居酒屋となっています。

湊の小十郎の煮干しそば

写真の手前は「幻の津軽中華そば(680円)」、奥が「煮干しそば(850円)」です。

 

どちらも見た目は一緒ですが・・・

「煮干しそば」は、麺にも煮干しが練り込まれていました!

煮干しが麺に練りこまれていることで、食べている間も面から旨味が溶け出してくるんだそうです!

食べている間にも味の変化が楽しめます。

 

ちなみに中華そばは当然ながら中華麺が使われています。

さっぱりとしていながら、深い旨みのある中華スープは最高でした!

湊の小十郎のランチメニュー

湊の小十郎のランチタイムは【11:00〜14:00】です。

湊の小十郎のランチタイムでは、麺類だけでなく牛たん定食や唐揚げ定食なども食べられます。

仙台名物を仙台港エリアで食べたくなった時の利用にもいいですね。

夜(17:00〜22:00)は居酒屋営業で、「八戸イカゲソ天(580円)」や「津軽海峡タコから(680円)」なども味わえますよ。

>>湊の小十郎の営業時間・電話番号などはこちら

 

湊の小十郎の煮干しそばは楽天市場でも購入できます。

スポンサーリンク

和と洋を融合!話題沸騰の新感覚カフェ【SABO Lab.(サボラボ)】

インスタなどのSNS、メデイアなどで話題となっているSABO Lab.(サボラボ)は、和と洋を融合させた新感覚カフェです。

サボラボってどんな意味?

「SABO」は喫茶店、「Lab.」は研究所。

研究所と言うように、なんとSABO Lab.(サボラボ)では、ドリンクが実験用具のビーカーに提供されるなど、一味違った感覚を味わえます。

インスタの写真はティラミスミルク(650円)にタピオカのトッピング

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sabo Lab.さん(@sabolab_sendai)がシェアした投稿

サボラボの“和と洋の融合”ってどう言うこと?

サボラボの“和と洋の融合”を表している象徴的なメニューが「SABO DANGO(サボだんご)」です。

仙台初のスイーツ団子で、団子にチョレコートなどがトッピング!

サボだんごは現在10種類!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sabo Lab.さん(@sabolab_sendai)がシェアした投稿

サボだんごのメニュー
  • チーズベリー 350円
  • 抹茶オレ 350円
  • マルゲ 350円
  • ワブリュレ 350円
  • チョコナッツ 300円
  • くるみミルク 350円
  • フルーツショート 350円
  • ずんだハニー 350円
  • ティラミス 350円
  • ビアンコ 300円

※3本で100円引き

SABO DANGO(サボだんご)はメディアで取り上げられることも多く、かなり人気の商品となっています。

持ち帰りもできるので、確実に手に入れたい場合は予約しての購入がおすすめです。

サボラボのメニューについて

その他、SABO Lab.(サボラボ)詳しいメニューは公式のHPで確認できます。

SABO Lab.公式HP

>>サボラボの営業時間・電話番号などはこちら

昔懐かしコッペパンのお店【うみカフェ アミーゴ】

うみカフェアミーゴは、平日は弁当、土日祝日は「焼きコッペ」を販売するお店です。

うみカフェ アミーゴのコッペパンメニュー

コッペパンのメニューは17種類ありました。

メニューの前に「焼」のマークの付いたものが「焼きコッペ」で、注文を受けてからしっかり焼いて中身をサンドします。

今はオープン記念価格で、お安く焼きコッペが手に入りますよ!

※オープン記念価格はいつまでなのか、伺うのを忘れてしまいました。ごめんなさい!

焼きコッペサンドはテイクアウトでの利用もおすすめ

焼きコッペサンドは、焼きたてをその場で食べるのが一番美味しい!

でもお腹がいっぱいの時は、テイクアウトでの利用もできます。

こんな風にパックに入れてくれるので、潰れたりする心配も要りませんよ。

うみカフェアミーゴで焼きコッペを買って、そのまま「仙台うみの杜水族館へ!(徒歩約15分)」なんて言うのも良さそうですねww

>>うみカフェアミーゴの営業時間などはこちら

まとめ:バリエーション豊かな仙台港エリアの新スポット!

仙台港エリアにトレーラーハウスやユニットハウス、キッチンカーなど、動くお店の展示場、「うみカフェ」がオープンしました。

「うみカフェ」には、キッチンカーの展示の他に、常設店舗として「湊の小十郎」、「SABO Lab.(サボラボ)」、「うみカフェ アミーゴ」の3店が営業しています。

バラエティ豊かなお店が揃っているので、仙台うみの杜水族館や、仙台港プレミアムアウトレットなどにお出かけの際は、立ち寄って見てくださいね。