ウォーターサーバー

【ウォータースタンドvs楽水ウォーターサーバー徹底比較】料金・メンテナンスなど18項目

水道水タイプのウォータサーバーの中でも、人気のある2つのメーカーを徹底比較しました。

  • ウォータースタンド
  • 楽水ウォーターサーバー
SUZUME

ウォーターサーバー設置にあたってこだわりたい項目を見れば、メーカー選びで迷うことがありません。

こだわりたい項目をチェック

料金にこだわりたい » 料金ついて詳しくみる

サーバーにこだわりたい » サーバーについて詳しくみる

メンテナンスにこだわりたい » メンテナンスについて詳しくみる

【水道直結比較項目】ウォータースタンドvs楽水ウォーターサーバー

「ウォータースタンド」と「楽水ウォーターサーバー」は、水道直結タイプのウォーターサーバーの中でも特に安く使える人気のメーカーです。

「ウォータースタンド」と「楽水ウォーターサーバー」の、温水と冷水が使える機種を次の18項目で比較しました。


ウォータースタンド

楽水ウォーターサーバー
対応エリア
» 詳しくみる
人口カバー率94.3%全国対応
料金関連
» 詳しくみる
初期費用(税込)9,900円13,200円
月額レンタル料(税込)3,850円〜3,278円〜
長期利用割引なしあり
電気料金約150円〜不明
オプション料金なし安心パック572円
最低利用期間1年3年
解約金6,600円残り契約月数×レンタル料の40%
移設費用無料取り外し:8,000円
取り付け:8,000円
サーバー関連
» 詳しくみる
サーバーの種類全5機種全1機種
本体サイズ小さめ大きめ
温度帯冷水・常温水・温水冷水・温水
タンク容量タンクレス〜12L4.6L
停電時使用の可否Neoのみ使える使えない
買取の可否できないできる
メンテナンス関連
» 詳しくみる
訪問メンテナンスありなし
フィルター交換専門スタッフ自分
トラブル対応専門スタッフ自分(安心パック利用の場合専門スタッフ)

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー

ウォーターサーバー設置 対応エリア


ウォータースタンド

楽水ウォーターサーバー
対応エリア人口カバー率94.3%全国対応

楽水ウォーターサーバーは、一部の離島を除く日本全域でサーバーの設置ができます。

ウォータースタンドは人口のカバー率が94.3%。県ごとのカバー率は次のとおりです。

参考:ウォータースタンド公式サイト(2021年7月時点)

公式サイトでは、さらに市町村ごとにサーバーの設置ができるか、できないかを確認できます。

SUZUME

カバー率が100%でない地域で利用を検討中の場合は、まずは設置できるかどうかを確認しましょう。

サーバーの設置ができるか確認する » ウォータースタンド

料金比較|おすすめはウォータースタンド


ウォータースタンド

楽水ウォーターサーバー
初期費用(税込)9,900円13,200円
月額レンタル料(税込)3,850円〜3,278円〜
長期利用割引なしあり
電気料金約150円〜不明
オプション料金なし安心パック572円
最低利用期間1年3年
解約金6,600円残り契約月数×レンタル料の40%
移設費用無料取り外し:8,000円
取り付け:8,000円

楽水ウォーターサーバーのオプションの安心パックは、サーバーのトラブル対応を業者にお任せできるサービスです。

安心パックを付けた場合、月額料金は2社とも同じ金額です。

SUZUME

次の点から、妊娠中や赤ちゃん、幼児のいる家庭では、ウォータースタンドの方がおすすめです。

  • 初期費用が安い
  • 最低契約期間が短い
  • 解約金が安い
  • 移設費用がかからない

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー

初期費用

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
サーバーを取り付けてもらう場合9,900円
3,300円安い
13,200円
サーバーの取り付けを自分でする場合5,500円

上記のように、水道直結サーバーを取り付けてもらう場合の初期費用は、ウォータースタンドのほうが安いです。初期費用を抑えたい場合は、ウォータースタンドを選びましょう。

月額レンタル料金

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
月額レンタル料(税込)3,850円〜3,278円〜
572円安い

月額料金は楽水ウォーターサーバーのほうが安いです。

しかし、楽水ウォーターサーバーにはオプションの安心パックがあります。安心パックを契約する場合、月額料金はウォータースタンドと同額です。
» 安心パックとは

ウォータースタンドは、温水が使える機種の最も安いサーバー(Neo・ネオ)の料金です。他の機種を選んだ場合、楽水ウォーターサーバーよりも月額料金が高くなります。
» ウォータースタンド・ネオの利用レポート

長期利用割引

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
月額レンタル料(税込)なしあり

長期利用割引があるのは楽水ウォーターサーバーのみ。ウォータースタンドには、長期利用による割引はありません。

楽水ウォーターサーバーを長期間利用した場合の月額料金は次の通りです。

楽水ウォーターサーバー
通常の月額料金(税込)3,278円
6年目以降の月額料金(税込)3,025円
(−253円)
10年目以降の月額料金(税込)2,420円
(−858円)

楽水ウォーターサーバーは、10年目以降では月額800円以上も安くなります。

SUZUME

長期の利用を決めている場合は、楽水ウォーターサーバーがお得に使えます。

» 楽水ウォーターサーバー公式サイト

電気料金

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
電気料金約150円〜不明

ウォータースタンドでは、サーバーごとに電気料金の目安が公開されています。最も電気料金が安い機種は「ガーディアン」で、月額約150円です。
»サーバーごとの電気料金

一方楽水ウォーターサーバーでは、電気料金は公開されていません。

オプション料金

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
オプション料金なし安心パック572円

ウォータースタンドには、オプションはありません。楽水ウォーターサーバーには「安心パック」のオプションがあります。

安心パック 月額572円

サーバーが水漏れや作動しないなどのトラブルを起こした際に、訪問して機器の点検やトラブルを解決してくれるサービス。

安心パックを契約していない場合、トラブルが起きた場合の対応は自分でしなければいけません。

サーバーのレンタル料金だけなら、楽水ウォーターサーバーの方が安いです。

しかしウォータースタンドの月額料金には、安心パックと同等のサービスがもともと含まれています。同等のサービス内容で比較すると、2社の月額料金は同じです。

  • ウォータースタンド:3,850円
  • 楽水ウォーターサーバー:3,850円(3,278円+572円)
SUZUME

子育てに追われる中で、水漏れなどに対応するのは負担になる場合があります。

ただでも育児に手のかかる時期には、面倒なトラブル対応は専門スタッフにお任せする方が安心。「安心パック」はできれば申し込んでおきましょう。
» トラブル対応について詳しくみる

長得プランについて

ウォータースタンドでは、22ヶ月以上の継続利用で月額料金が割引になる長得プラン(チョートクプラン・登録料11,000円)がありました。しかし長得プランは2021年9月末で廃止になっています。

ウォータースタンドの長得プラン廃止後、月額料金は長得プランを使うよりも安くなっています。長得プランがあった頃よりも、現在の月額料金で使用した方がお得です。

最低利用期間

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
最低利用期間1年3年

ウォータースタンドの最低利用期間は1年。楽水ウォーターサーバーよりかなり短くなっています。

ちなみに、他社のウォーターサーバーと比較しても、ウォータースタンドは最低利用期間が短いのが特徴です。

解約金

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
解約金6,600円残り契約月数×レンタル料の40%

楽水ウォーターサーバーを1年、2年で解約した場合の解約金は次の通りです。

  • 1年で解約した場合:31,467円
  • 2年で解約した場合:15,734円

最低利用期間を超えて解約する場合(ウォータースタンドは1年/楽水ウォーターサーバーは3年)は、解約金はかかりません(0円)。

また楽水ウォーターサーバーでは3年以内の解約の場合、さらに撤去費用が約8,000円、サーバー返送費が約4,000円かかります。

例えば利用開始から10ヶ月、2年でウォーターサーバーを解約した場合、それぞれ次の費用がかかります。

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
10ヶ月で解約した場合6,600円97,228円
2年で解約した場合0円27,734円

あると便利なウォーターサーバーも、「使ってみたらやっぱり要らなかった」ということもあり得ます。

長期の利用を決めていない場合は、最低利用期間が短く、解約時には料金の負担が少ないウォータースタンドの方が安心です。
公式サイト» ウォータースタンド

移設費用

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
移設費用無料
16,000円安い
取り外し:8,000円
取り付け:8,000円
自分で工事する場合:0円

引っ越しなどでウォーターサーバーを移設したい場合、ウォータースタンドでは工事費用が無料。一方、楽水ウォーターサーバーでは、取外しと取り付けで16,000円の費用がかかります。

妊娠中から子供が幼児の時期は、引っ越しを考える方も多いですね。実際に第2子、第3子の妊娠、出産に伴って住み替えする家庭も多いです。

SUZUME

ライフスタイルの変化の大きい時期は、移設費用がかからないウォータースタンドがおすすめです。

公式サイト» ウォータースタンド

サーバー比較|おすすめは楽水ウォーターサーバー


ウォータースタンド

楽水ウォーターサーバー
サーバーの種類全5機種全1機種
温度帯冷水・常温水・温水冷水・温水
タンク容量タンクレス〜12L4.6L
停電時使用の可否Neoのみ使える使えない
買取の可否できないできる

サーバーの機能面では、楽水ウォーターサーバーの方が充実しています。

しかし機種が1種類しかないため、デザインやサイズが希望に合わない場合はウォータースタンドを検討しましょう・

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー

サーバーの種類

水道直結で温水と冷水が使えるウォーターサーバーは次のとおりです。

  • ウォータースタンド:5機種
  • 楽水ウォーターサーバー:1機種(卓上・床置き)
メーカー
ウォータースタンド

ウォータースタンド

ウォータースタンド

ウォータースタンド

ウォータースタンド

楽水ウォーターサーバー

楽水ウォーターサーバー
サーバー
ネオ

ガーディアン

S3

ステラ

L2

Purest
卓上タイプ

Purest
スタンドタイプ
本体サイズ
(mm)
幅:260
奥:505
高:500
幅:230
奥:302
高:471
幅:260
奥:483
高:510
幅:260
奥:441
高:505
幅:260
奥:448
高:1150
幅:300
奥:400
高:480
幅:320
奥:350
高:1050
月額料金(税込)3,850円4,400円5,280円6,050円7,150円3,278円3,278円
安心サポートパック
572円
安心サポートパック
572円
電気料金(月)約859円約150円
抽出温度冷水:5-8℃
温水:85-93℃
常温水
冷水:5-8℃
温水:75℃/85℃/93℃
常温水
冷水:5-8℃
温水:85-93℃
常温水
冷水:5-8℃
温水:85-93℃
常温水
冷水:5-8℃
温水:85-93℃
常温水
冷水:5℃/7℃/9℃
温水:90℃/95℃
冷水:5℃/7℃/9℃
温水:90℃/95℃
タンク容量冷水:2.5L
常温水:2.5L
温水1.0L
合計6.0L
タンクレス冷水:2.5L
温水:1.0L
常温:2.5L
合計6.0L
冷水:2.3L
温水:1.0L
常温:2.5L
合計5.8L
冷水:3.0L
温水:3.0L
常温:6.0L
合計12.0L
冷水:3.0L
温水:1.6L
合計4.6L
冷水:3.0L
温水:1.6L
合計4.6L
停電時使用の可否使用できる使用できない使用できない使用できない使用できない使用できない使用できない

※電気料金は公式サイト参照

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー

サーバーサイズ

楽水ウォーターサーバーのサーバーは、ウォータースタンドと比較すると横幅が少し大きいです。

楽水ウォーターサーバーは卓上・床置きともに1機種のみなので、設置したいスペースに置けるかどうかをまずは確認しましょう。
» サーバーサイズを確認する

置きたい場所が限られている場合は、サイズを選べるウォータースタンドのサーバーがおすすめです。

コンパクトなサーバーを選ぶなら「ガーディアン」

ウォータースタンドの「ガーディアン(月額4,400円)」は、温水も使える水道水直結タイプのサーバーの最小サイズ。サーバーを置くスペースが限られている場合は、「ガーディアン」を選びましょう。
ガーディアンを申込む» ウォータースタンド

温度

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
温度帯冷水・常温水・温水冷水・温水
冷水温度5-8℃5℃/7℃/9℃
温水温度85-93℃90℃/95℃
再加熱機種によって異なるできる

※ガーディアンのみ93℃/85℃/75℃の3つから選択可。

ウォータースタンドの温水と冷水が使えるサーバーは、全て常温水も使えます。冷水と常温水が使えるサーバーなどもあり、使いたい温度帯に合わせてサーバーを選べるメリットもあります。
» 温水・常温水・冷水以外のサーバーを見てみる

一方楽水ウォーターサーバーでは、温度が冷水は3段階、温水は2段階で設定ができます。再加熱機能もついており、温度設定の面では楽水ウォーターサーバーが比較的優れています。

抽出温度・デザインで選ぶなら「ガーディアン」

サーバーをお湯の抽出温度で選びたいなら、ウォータースタンドの「ガーディアン(月額4,400円)」がおすすめ。温水の抽出温度を3段階から選べます。また、コンパクトで無印良品のようなおしゃれなデザインのため、お部屋のインテリアの邪魔をしません。
ガーディアンを申込む» ウォータースタンド

タンク容量

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
タンク容量タンクレス〜12L4.6L
 冷水タンク容量サーバーによって異なる3.0L
 温水タンク容量サーバーによって異なる1.6L

ウォータースタンドでは、冷水、常温水、温水を合わせてタンク容量が約6Lのサーバーが多いです。
» サーバーのタンク容量を確認する

機種によってタンク容量に差がありますが、抽出時間(水道水がろ過されるまでの時間)は長くありません。常温でよければ、タンクが空になってもまたすぐに水が抽出され使えます。

SUZUME

ウォーターサーバーのタンク容量は、選ぶ時にあまり気にしなくてOKです。

タンクレスなら「ガーディアン」

ウォータースタンドの「ガーディアン(月額4,400円)」は、温水・冷水が使える水道直結タイプで唯一「タンクレス」のサーバーです。『瞬間冷温水』機能で、瞬時に温水や冷水を作りだします。

月の電気料金は約150円。保温や保冷の必要がないので、電気料金が他機種に比べ劇的に安くなっています。
ガーディアンを申込む» ウォータースタンド

停電時使用の可否

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
停電時使用の可否Neoのみ使える使えない

水の保温には電気が不可欠なため、停電時に温水機能を使えるサーバーはありません。

また、抽出がボタン式の場合は、タンクに水が入っていても温水・冷水に関わらず、電気が使えなければ使用できません。ボタン式では電気が使えなければ抽出ができないためです。

SUZUME

災害時に非常水としても使えるサーバーが良い場合は、水の抽出がレバー式のサーバーを選びましょう。

停電時も使えるサーバーなら「ネオ」

停電時でも使えるサーバーを選びたいなら、ウォータースタンドの「ネオ(月額3,850円)」一択。抽出口がレバー式なので、電気がなくてもタンク内の水を出せます。他の機種は全て電気がなければ使用できません。
ネオを申込む» ウォータースタンド

サーバーの買取

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
サーバーの買取できないできる
サーバーの交換できるできない

ウォータースタンドでは、サーバー本体の買い取りには対応していません。しかし6年以上の長期利用の場合、本体を無償で交換してくれるサービスがあります。

楽水ウォーターサーバーでは、温冷OKで水道直結のサーバーを165,000円で購入できます。サーバー買い取りの場合、交換用のフィルター(3,300円/本)は別途購入が必要です。

次のように、優先したい条件に合わせてサーバーを選ぶのもおすすめです。

メンテナンス比較|おすすめはウォータースタンド


ウォータースタンド

楽水ウォーターサーバー
訪問メンテナンスありなし
フィルター交換専門スタッフ自分
トラブル対応専門スタッフ自分(安心パック利用の場合専門スタッフ)

楽水ウォーターサーバーには、専門スタッフによる定期的なメンテナンスはありません。

一方ウォータースタンドは、6ヶ月に一度の定期メンテナンスがついています。

SUZUME

定期的に専門スタッフにメンテナンスしてもらいたい場合は、ウォータースタンドを選びましょう。

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー

訪問メンテナンス

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
訪問メンテナンスありなし

楽水ウォーターサーバーでは、訪問によるメンテナンスがありません。有料の安心パックを契約している場合も、サーバーの定期的なメンテナンスはついていません。

一方ウォータースタンドでは6ヶ月に一度、専門スタッフによるメンテナンスがあります。

主なメンテナンス内容は次のとおりです。

  • 冷水・温水の温度のチェック
  • 水の味・においのチェック
  • タンク内清掃
  • 分岐部品の取付け
  • 水漏れのチェック
  • 消耗品の交換

定期メンテナンスは、専門スタッフが居室に入って作業を行います。6ヶ月に一度の居室(ウォーターサーバー設置場所)でのメンテナンスが負担になる場合は、楽水ウォーターサーバーを選びましょう。

フィルター交換

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
フィルター交換専門スタッフ自分

ウォータースタンドでは6ヶ月に一度の定期メンテナンスの際に、フィルター交換も行ってくれます。

楽水ウォーターサーバーでは、フィルター交換は自分で行います。交換にはドライバーなどの工具は必要なくワンタッチ。誰でも簡単に交換できます。また、フィルター交換時期になると定期的にフィルターが送られてくるため、交換を忘れることもありません。

SUZUME

ウォータースタンドと楽水ウォーターサーバーのどちらも、フィルターの料金はレンタル料金に含まれています。

トラブル対応

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー
トラブル対応専門スタッフ自分(安心パック利用の場合専門スタッフ)

ウォータースタンドでは、通常使用による故障や水漏れなどのトラブルの場合、無償で修理対応してくれます。

楽水ウォーターサーバーでは、基本的にトラブル対応は自分で行います。

例えば「サーバーから水やお湯が出なくなった」場合の対処方法として、次のようなページが用意されています。
» 楽水ウォーターサーバー トラブル対処方法

トラブル対応のページを見ながら自分で対処しなければいけません。

サイトを見ながらのトラブル対応が難しい場合は、安心パック(572円)の利用がおすすめ。安心パックに入っている場合は、専門スタッフがトラブル対応に当たってくれます。

水道直結ウォーターサーバーを選ぶなら2択!おすすめはウォータースタンド

水道直結タイプのウォーターサーバーを扱うメーカーの中で特に人気の2社を、全18項目で徹底的に比較しました。

  • ウォータースタンド
  • 楽水ウォーターサーバー

料金面ではウォータースタンドがおすすめ。次の点から、ウォータースタンドの方が家計の負担になりません。

  • 初期費用が安い:9,900円
  • 最低契約期間が短い:1年
  • 解約金が安い:6,600円
  • 移設費用がかからない:無料

ただし、とにかく毎月の料金を安く抑えたい場合は楽水ウォーターサーバーがおすすめ。安心パック(トラブル時のサポート)不要の場合、月額3,278円でサーバーをレンタルできます。
» 料金について確認

サーバーの機能面は大きな差はありません。デザインや本体サイズで選ぶのもアリです。

ウォータースタンドのガーディアンは、無印良品のような洗練されたデザインや大きさがコンパクトな点で人気のサーバーです。
» サーバーについて確認

メンテナンス面ではウォータースタンドの方が充実しています。

水漏れなどのトラブル対応のほか、専門スタッフの定期メンテナンス付きが良い場合は、ウォータースタンドを選びましょう。

ただし定期的(6ヶ月に1度)に自宅に人を入れるのが嫌な場合は、楽水ウォーターサーバーがおすすめです。
» メンテナンスについて確認

SUZUME

料金、サーバーの機能、メンテナンスの中で、優先したい条件に合わせてウォーターサーバーを選べば設置後に後悔することがありません。

ウォータースタンド楽水ウォーターサーバー

当サイトのイチオシは、ウォータースタンドの「neo(ネオ)」。

総合的におすすめなのは、ウォータースタンドの「neo(ネオ)」。メンテナンス付きの水道直結タイプのウォーターサーバーの最安値です。次のようなメリットもあります。

  • 初期費用が安い
  • 最低契約期間が短い
  • 解約金が安い

また移設費用が無料なので、急な引っ越しの場合にも余計な出費がかかることもありません。

公式サイト» ウォータースタンド

利用レポート» 使ってわかったメリット・デメリット