観光・子連れレジャー

石巻|仮面ライダーに会える!石ノ森萬画館の幼児連れ体験レポ

最近仮面ライダーやリュウソウジャーなどの戦隊ものにハマっている息子(4歳)を連れて、石ノ森漫画館へ行ってきました!

自宅に帰ってからの息子の感想は「次のお休みの時また仮面ライダーのところに行く!」でしたww

石ノ森漫画館の入館料・アクセス・駐車場・営業時間など

石ノ森漫画館の観覧券(入館料)

個人団体年間パスポート
大人800円640円2,000円
中・高校生500円400円1,000円
小学生200円160円500円

※常設展示室と企画展示室の観覧券
※団体料金は20名以上で適用

観覧券(入館料)の割引について

石ノ森漫画館の入館料は、下記のサービスを利用すると観覧券を割引価格で購入することができます。

じゃらんJAF会員割引
デイリーPlusJTB電子チケット
タイムズクラブHISクーポン
日専連カードかほぴょんクラブ

割引額はどのサービスでも20%OFFです。

個人割引後の観覧料割引価格
大人800円640円160円
中・高校生500円400円100円
小学生200円160円40円

・JAFの会員証
・日専連カード
・かほぴょんクラブの会員証
・タイムズクラブ会員証
を持っている場合は、石ノ森萬画館の受付カウンターでカードを見せるだけ
で割引処理を受けられるので最も手軽に利用できます。

・じゃらん
・JTB電子チケット
・HISクーポン
などは、web上でチケットを購入して使用するようになるので、事前に利用条件などを確認しておくと便利です。

石ノ森漫画館へのアクセス・営業時間・など

住所宮城県石巻市中瀬2-7 [MAP]
電話0225-96-5055
アクセス車:仙台市内から三陸自動車道経由で約60分
鉄道:JR仙石線を利用 仙台 – 石巻(約1時間20分)
仙石東北ライン(快速)を利用 仙台 – 石巻(最速で54分)
営業時間
定休日
【3月〜11月】
9:00〜18:00(チケット販売は17:30まで)
定休日:第3火曜日
【12月〜2月】
9:00〜17:00(チケット販売は16:30まで)
定休日:火曜日
・火曜日が休日の場合はその翌日が休館日
・ゴールデンウィーク期間中、夏休み(7月下旬~8月25日)、冬休み期間&元日は休館日なし
・大晦日は15:00閉館
・石巻川開き祭り(毎年7月31日~8/1)は打上花火会場となるため16:00閉館
駐車場近隣の契約駐車場を利用駐車場について
公式HPhttps://www.mangattan.jp/manga/

石ノ森漫画館へのアクセスで最もおすすめの交通手段は鉄道を利用する方法です。

仙台市と石巻市を結ぶJR仙石線にマンガの列車「マンガッタンライナー」を運行しています。

毎週日曜日にはマンガッタンライナーに乗車して石巻駅で降車すると、石巻駅ホームでマンガッタンライナーへ乗車した証となる記念の乗車証明書の配付もしています。

マンガッタンライナーについての詳細は公式HPで 

石ノ森漫画館の駐車場について

石ノ森漫画館では敷地内に駐車場が用意されていません。

※以前まで使用していた中瀬公園奥の旧萬画館臨時駐車スペースは現在使用出来ません。
※体が不自由な方などが使用できる駐車スペースのみ用意されています。

石ノ森漫画館では近隣に契約駐車場があり、駐車券を提示することで1時間の駐車サービスを受けることができます。

石ノ森萬画館に最も近くて便利な契約駐車場は「石巻市かわまち立体駐車場」です。

「石巻市かわまち立体駐車場」は石ノ森萬画館の利用に関わらず、2時間無料で駐車することができます。(このため、石ノ森萬画館の割引処理は適用されません。)

石ノ森萬画館ってどんな施設?

石ノ森萬画館は宮城県出身の漫画家・石ノ森章太郎の世界を体験できるマンガのミュージアムです。

今も子供たちに愛され続ける仮面ライダーをはじめ、サイボーグ009などのキャラクターが勢ぞろいする常設のコーナーの他、原画が展示される企画展、常時6000冊を保管するライブラリーコーナーなどがあります。

現在の企画展は「弱虫ペダル展」

ちなみに2019年7月の現在は「弱虫ペダル展」を行なっています。

たくさんの原画が展示され、同時に“激走スタンプラリー”も開催されていました。

弱虫ペダル展開催期間
2019年7月13日(土)~ 10月14日(月・祝)

スポンサーリンク

常設展示室(有料エリア)では歴代の仮面ライダーに会える!

石ノ森萬画館で観覧料が必要なのは常設展示室と企画展示室だけで、そのほかのエリアは無料で楽しむことができます。

常設展示室(観覧券の必要なエリア)では、子供の大好きな仮面ライダーがズラリ!

歴代の仮面ライダーに会うことができました!

「この仮面ライダー動くの?」

と問いかけてくる子供がメチャクチャ可愛かったww

女系で育った私でも「カッコいー!」と声をあげてみていたので、そりゃ子供には堪らないはず!

常設展にはアトラクションも有り

石ノ森萬画館の常設展示室には3つのアトラクションも用意されていました。

石ノ森萬画館のアトラクション
  • 仮面ライダーに変身!
  • サイクロン号に乗る!!
  • ホテルマン適正診断

それぞれ1回250円

アトラクションを利用する場合はプリペイドカード(500円)を購入

アトラクションを利用するためには、プリペイドカード(500円)が必要です。

プリペイドカードは観覧券(入館料)を支払う券売機の他に、アトラクションの近くでも販売されているので、アトラクションを利用するか迷っている場合は入り口では買わずに常設展示室に入ってしまって大丈夫です。

映像ホールでは「シージェッター海斗」が限定上映中

石ノ森萬画館のある石巻市のヒーロー「シージェッター海斗」の短編映像が見られるのは、この石ノ森萬画館だけ!

石ノ森萬画館を舞台に撮影された「シージェッター海斗」では、昔懐かしい変身シーンやアクションが見られます。

石ノ森萬画館は観覧券を買わなくても楽しめる!

石ノ森萬画館の観覧券は常設展示室と企画展に入るためのもので、そのほかのエリアは無料でも楽しめます。

石ノ森萬画館の1階はフォトスポットが満載!

入口の脇のスペースには、仮面ライダードライブの愛車「トライドロン」が駐車してあったりなど、館内に入る前からフォトスポットも満載!

4歳の子供もものすごくテンションが上がっていました!

どこをみても、子供心をくすぐられる仕掛けがたくさんされています。

萬画館の休憩コーナーでは、仮面ライダーも一休みしていましたww

ここで仮面ライダーと同じポーズで写真を撮るのはお決まりのようですww

ライブラリーマルチメディア工房で漫画家気分

石ノ森萬画館の3階にあるこの部屋では、アニメーション作りの体験ができます。

他にも約6000冊のマンガ本が自由に読めたりして、子供連れじゃなければ時間を忘れて没頭してしまいそうな場所です。

カフェ「BLUE ZONE」では企画展との限定コラボメニューに注目

「BLUE ZONE(ブルーゾーン)」は、広い窓から名所日和山と北上川の雄大な流れを楽しめる展望喫茶です。

レギュラーのメニューに加え、企画展にちなんだ限定コラボメニューも提供しています。

レギュラーメニューのお値段はレジャー施設とは思えないほどリーズナブルなので、ランチに利用にも適しています。

アカレンジャーのミートソース650円
キレンジャーカレー650円
お子様セット(カレーorピラフ)500円

(一部メニューのみ掲載)

まとめ:仮面ライダー好きキッズを連れて行きたい!

仮面ライダーファンの息子を連れて石ノ森萬画館へ行ってきました。

自宅に帰った息子の口から「次のお休みの時また仮面ライダーのところに行く!」という言葉が“聞いてもいないのに”勝手に出てきたので、相当楽しかったようですww

合理的な私は、「一度有料の常設展示室に入ったら2回目以降は無料のエリアだけでも十分かな??」と思っているのですが・・・どうだろ?

この調子だと、2回目以降も観覧券を買うことになりそうですねww

仮面ライダーに限らず、アニメ好きのキッズを連れて、是非足を運んで見てください♪