日々の出来事

スマイルゼミの幼児コース|年少から始められるタブレット教材

小学校に入学するまでの幼児期の教育って、どこまでしたらいいのか悩みますよね。

子供は自由にのびのびと育てたい!
ひらがなの練習や英語なんてまだまだ早い!

そう思いながらも、ママ友が子供を英語教室などに通わせているのを見たりすると、なんとなく焦ったりするものです。

子供を保育園に通わせているのなら「教育もしてくれる幼稚園の方がいいのかな?」と思ったり、幼稚園に通わせているのなら「習い事をさせた方がいいのかな?」と思ったり・・・。

子供の教育については考えているときりがありませんよね。

私も3歳の子供の親なので、「子供は遊ぶのがお勉強!」と思いながらも、「ここで差がついてしまったらどうしよう」「やらないよりはやった方がいいんじゃないかな」などと考えてしまいます。

いざ子供を習い事に通わせようとすると、毎月の出費がかさむうえに、送り迎えには時間を取られてしまうことを考えると、なかなか一歩を踏み出せません。

でも実は、毎月たったの約3,000円でひらがなだけじゃなく、英語や数字、時計、生活や自然のことなど幅広く学べる教材があるのを知っていますか?

しかも全部自宅でできちゃうので、移動などの無駄な時間を使うこともないんです!

幼児の教育について「どうしたらいいんだろう?」と思っているのなら、手軽に続けられるスマイルゼミの幼児コースを始めてみませんか?

【迷ったらまずは資料請求】➤◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

『スマイルゼミ』って何?

『スマイルゼミ』はタブレットを使った幼児・小学生・中学生向けの通信教育です。

「イード・アワード2017 通信教育」(通信教育を受講している幼児・小学生・中学生・高校生・大学受験生の子供をもつ保護者を対象に調査)では、『スマイルゼミ』が「小学生タブレット部門」で最優秀賞を受賞という実績も持つ通信教育なんです。

幼児にタブレットを持たせていいの?

私が真っ先に思ったのは、「幼児にタブレットをもたせていいんだろうか?」という疑問。

ただでもテレビや携帯などの使用による子供への影響が問題視されている中、幼児期からタブレットを使って教育するのって本当に大丈夫なんでしょうか?

この不安は『スマイルゼミ 幼児コース』で用意されている学習専用のタブレットの特徴を知り、解消することができました。

スマイルゼミの学習専用タブレットの特徴
  1. 学習専用なのでwebサイトを見ることはできない
  2. 耐久テストをクリアした丈夫なタブレット
  3. 万が一故障・破損した場合の保証
  4. ノート大の大きな画面
  5. 15分もしくは3講座をやると自動的に「きょうのできた」に誘導

15分もしくは3講座をやると自動的に「きょうのできた」に誘導

私が一番気になったのは、夢中になりすぎてタブレットから離れなくなるんじゃないだろうかという点。

私の子供はとにかくハマるとそこから離れられなくなるタイプで、なんでも一途なんです。

子供の集中力はそんなに長く続かないとはいうけれど、実際そうでもない・・・。

この『スマイルゼミ 幼児コース』もやってみたいけど、あまりにのめり込まれてもなぁという不安がありました。

でもなんとこの教育専用のタブレットは『幼児コース』では“15分もしくは3講座”に限定されているので、「飽きるまでやる」のではなく、「時間を決めてやる」ことが自然にできるんです。

ノート大の大きな画面

もう一つの不安はタブレットを使用するときの姿勢でした。

私もそうですが携帯やパソコンを使う時って、意識しないとどうしても顔が寄って姿勢が崩れがちなんですよね。

その点『スマイルゼミ 幼児コース』で採用している教育専用のタブレットはサイズが大きくて、しっかり目を離して学習出来るようになっているので、画面に近づきすぎて目が悪くなるなどと言う心配もありません。

安心して使える教育専用タブレット

もちろん壊してしまったときのことを考えると不安にはなるけれど、幼児なんだからそれは仕方ないと思っています。(いざ壊されたらカッとなると思いますけどねww)

それよりもタブレットを使いすぎて、教育どころではない弊害が起こりはしないかというのが最大の不安でしたが、どうもその心配はなさそうです。

スポンサーリンク

タブレットを使えるのは当たり前の時代?

日本では2020年までに、児童生徒1人が1台の情報端末を使える授業の環境を 作る「フューチャースクール推進事業」が閣議決定されています。

つまりタブレットなどの情報端末が使えるのは当たり前の時代になっているということ。

タブレットを操作出来るのは当たり前

子供って放っておいても携帯やタブレットを使いこなしたりしますよね?

「うちの子携帯使えるの!」なんて言っているママもよくみかけますが、保育士さん曰く使えるのは当たり前なんだそうです。

光信号だから、誰でもわかるんだとか・・・。

私も一時期「使いこなしてる!」なんて人に話していたけれど、それって普通のことだったみたいww

タブレットを“正しく”使えるかどうか

私の子供にとってタブレットは、動画を見るものになっていると思うんです。

どうしても場をつなぎたい時なんかに使っちゃっているんで・・・。

これは完全に親の責任、ごめんなさい。

でも、今度は学習するものとして子供にタブレットを渡したらどうなるだろう?

タブレットの存在がこれまでとは違ってきそうな気がしませんか?

タブレットを使って自分で解決する力がついたり、タブレットを通して学ぶことが楽しいと思えたりするようになったら、タブレットはこれまでの娯楽のためのものではなくて、自分の知らないことを教えてくれるすごいものなると思うんです!

小学生・中学生・・・と成長した後も、「正しく情報端末を使える子になってくれるのでは??」とちょと期待してますww

この辺は時間がたってみないとわからないけどね。

タブレット一つで完結するのが魅力的

実は子供が6ヶ月〜1歳の時まで、他の通信教育も利用したことがあるんです。

やめた理由は教材が増えて仕方なかったから。

教材自体はとってもいいものばかりで子供も気に入っていたんですよ。

でもどんどん教材が増えて収拾がつかなくなってきちゃってやめることに。

その点『スマイルゼミ 幼児コース』ならタブレット一つで完結!

これは母子ともにお片づけが苦手な我が家にとってはこの上ない好都合ww

いちいち「お片づけして!」なんて言う必要がないのも嬉しいですねww

【迷ったらまずは資料請求】➤◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

スポンサーリンク

『スマイルゼミ 幼児コース』はバランスよく学べる

『スマイルゼミ 幼児コース』では、小学校入学までに学んでおきたい10分野について学習することができます。

『幼児コース』で学べること
  1. ひらがな
  2. カタカナ
  3. ことば
  4. えいご
  5. ちえ
  6. かず
  7. とけい
  8. かたち
  9. せいかつ
  10. しぜん

『スマイルゼミ 幼児コース』で学べる分野はかなり広いんですね。

自分で教材を集めてもいいけれど、自分で揃えるとなると分野が偏ってしまいがち

子供自身も自分のやりたいものだけをやってしまうということにもなりかねません。

『スマイルゼミ 幼児コース』なら、子供が好きな分野以外にも取り組めるよう、「きょうのミッション」でその日の学習項目をタブレットが誘導してくれます。

小学校に入学する前の幼児期は、偏りなくいろいろなことを教えたい時期でもあるので、そんな風に誘導してくれるのも良さそうですね。

【どんなことを学べるのかもっと詳しく知りたい方はこちら】➤◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

『スマイルゼミ 幼児コース』は年少からスタートできる

『スマイルゼミ 幼児コース』は4月時点の年齢に合わせて開始することができます。

年少の1月から始めることができ、年少からの開始であれば幼稚園への入園準備もスムーズにできそうです。

また年長で翌年小学生に進学するような子も、新しい環境に向けて『スマイルゼミ 幼児コース』をスタートできるようになっています。

スポンサーリンク

『スマイルゼミ 幼児コース』の料金

『スマイルゼミ 幼児コース』の料金は、年少コース(1月〜3月)、年中コース(4月〜3月)、年長コース(4月〜3月)とも同額となっています。

幼児コースの会費
(月額)
12ヶ月一括払い 2,980円
6ヶ月一括払い 3,200円
毎月払い 3,600円

毎月払いを選んだ場合の年間の支払い額は43,200円と結構高額に感じますね。

でも通常幼児教育系の教室に通うとなると、こんなものでは済みません!

さらにお金だけじゃなく時間もかかることも考えると、こんなに手軽に始められる幼児教育ってないのでは?と思います。

ちなみに12ヶ月一括払いをすると、会費の支払い額は35,760円(2,980円×12ヶ月)になるので、毎月払いをするよりも年間7,440円もお得

できれば一括で支払ってしまいたいですね。

タブレット代金も必要

『スマイルゼミ 幼児コース』では会費の他に使用するタブレットの費用も必要になります。

専用のタブレットの費用は、1年間『スマイルゼミ』を継続することを条件として、9,980円となっています。(以降はタブレット代金の支払いなし。)

途中で退会する場合は、タブレット代金が請求されるようになっています。

タブレット代金 9,980円
・6ヶ月以上継続した場合 6,980円を返金
・6ヶ月未満で退会した場合 29,820円を返金

※専用タブレットの代金は月々980円(12回払い)の分割払いにすることも可能です。

【迷ったらまずは資料請求】➤◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

実際に使ってみないとわからない

“私の子供はとにかくハマるとそこから離れられなくなるタイプ”とは言ったけど、これはあくまでハマればの話ww

実際にこの『スマイルゼミ 幼児コース』を気に入ってくれるかどうかはわかりません。

始めるとなるとタブレット代も支払わなきゃいけないし・・・。

『スマイルゼミ 幼児コース』ではそんな私の不安を知っているかのように、“無料”で『スマイルゼミ 幼児コース』を体験出来る機会が用意されています。

『スマイルゼミ 幼児コース』を無料で体験
  1. 約2週間のお試し入会
  2. 各地で行われる体験会
  3. 資料請求

約2週間のお試し入会

『スマイルゼミ』では約2週間のお試し入会をすることができます。

入会後に指定された期間に退会した場合は、入会の時にかかったタブレット代の経費も含め、全額を返金してくれるシステムになっているので安心してお試しすることができます。

各地で行われる体験会

『スマイルゼミ』では、全国各地で体験会をおこなっています。

実際にタブレットに触れたりできるので、タブレットの使い心地を体験したり子供が興味を示すかどうかを見るのにもいいですね。

私も実際に体験会に行ってきましたが、子供が興味をもっている様子をみて俄然やる気が出ましたww

体験会の日程は、ホームページや次の資料請求などで知ることができます。

毎月定期的に行っている訳ではなさそうなので、タイミングを見逃さないよう日程のチェックをしておきましょう。

体験会の日程は「スマイルゼミを実際に体験!」の項から確認できます➤◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

資料請求

最も気軽に行えるのはやはり資料請求ですね。

もちろん無料で届けてくれて、申し込みも簡単!

もし兄弟がいる場合は、幼児コースだけでなく、小学生コースや中学生コースの分も一緒に資料請求できます。

「より英語を勉強出来るオプション」や、「タブレットの安心サポート」、「2年目以降の継続割引」など、『スマイルゼミ』では様々なサービスを用意してくれているので、まずは資料を取り寄せてどんなサービスがあるのか見てみるのが良さそうです。

【迷ったらまずは資料請求】➤◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

より疑問が払拭!資料請求してよかった!

私も資料請求して3日ほどで資料が届きました。

「電話がきたりとかあるのかな?」と思ったけれど、そういう煩わしさもなくて正直ホッとした私ですww
(到着後に電話があるのかどうかはわかりません)

資料はそれほど多くないものの、内容はめちゃくちゃ濃い!

正直まだサラッと流し読みしかしていませんが、最後にある「よくあるご質問」のページだけでものすごく満足できる内容でした。

なんとなく心の中でモヤっとしていた部分が全部クリアになる感じ!

『スマイルゼミ 幼児コース』が気になってはいるけれどなんとなく始められないとか、私のようになんだかわからないけどモヤっとするという感じをお持ちの方は、まずは資料請求するのがおすすめです。

【迷ったらまずは資料請求】➤◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

スポンサーリンク

さいごに

子供は自由にのびのびと育てたい!

そう思うからこそ、私はこの『スマイルゼミ 幼児コース』に興味を持ちました。

1日15分の時間なら、なんとか毎日時間も確保できそう!

大人にとっては15分じゃちょっと物足りない気がしてしまうけど、この「もうちょっとやりたい!」と言う時間が、子供の毎日のやる気を引き立てそう♪

短時間でもいいから集中して毎日学ぶ習慣を身につけられそうだと感じています。

私もまずは『スマイルゼミ 幼児コース』の資料請求をして、お試し体験をしてみたいと思います。

【迷ったらまずは資料請求】➤◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

追記:幼児コースへの申し込み完了!待望の教材が届いた♪

資料請求をした上で体験会に参加し、スマイルゼミの幼児コースに申し込みました。

タブレットが到着したのは申し込んでから5日後でした。

実はタブレット到着のちょうど前日、子供が「パソコンに書くやつやったよねぇ?」と体験会でしたことを思い出し、「またやりたいね」という話をしていた矢先の到着でした!!

なんてタイミングがいいんだろうww

まずは全額返金される2週間の保証期間、様子を見てみたいと思います。

その後についてはまた追記しますね♪

【迷ったらまずは資料請求】➤◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】