グルメ

山形【腰掛庵のかき氷】粉雪のようにふわっふわ!一度は訪れたい人気店

腰掛庵は、山形県天童市にある和菓子店です。

腰掛庵の看板商品は「わらび餅」ですが、夏になると多くのファンがめがけてやってくるのが「かき氷」。

あまりの人気で、一度は販売を中止したという過去を持つ腰掛庵のかき氷を紹介します。

『腰掛庵』のアクセス・駐車場・営業時間など

腰掛庵の名物“わらび餅”などを販売している店舗は、明治時代の蔵を利用して営業していますが、かき氷だけは違います!

腰掛庵の“かき氷”だけは店舗とは別に、山形県総合運動公園に「臨時店舗」を設けて販売しています。

腰掛庵のかき氷を販売|山形県総合運動公園のアクセス・駐車場など

住所山形県天童市山王1 [MAP]
電話023−654−8056
※山形県総合運動公園ではなく腰掛庵の電話番号です
アクセス仙台駅から車で約1時間
営業時間10:30〜15:30(なくなり次第終了)
支払い現金
駐車場あり(約600台)※詳しくは【駐車場は西駐車場が便利

2019年の営業は8月31日まで

腰掛庵の臨時売店の8月の休業日は、14日・19日・26日です。

2019年の営業は8月31日までとなっています。

ふわっふわ!腰掛庵の人気のかき氷は4種類

容器から今にもこぼれ落ちそうな腰掛庵のかき氷には4種類のシロップがあります。

よくツイッターなどで見かけるのが、ピンク色の「木いちごすぐり」と緑色の「宇治」で、この他に「黒みつ」と「白みつ」がありました。

それぞれあんこやミルクをトッピングして楽しめます。

氷は粉雪のような繊細な氷で、口の中に入れるととろける!

繊細でずっと口の中に入れておきたい気持ちなのに、スッと溶けてしまう感じが儚くてたまりません!

このハイクオリティなかき氷が、腰掛庵では730円~880円とリーズナブルなお値段で食べることができます。

【木いちごすぐり】のメニュー

木いちごすぐりみるく 880円
木いちごすぐり830円
木いちごすぐりみくる880円

自家製のシロップ「木いちごすぐり」を使ったかき氷は2種類。

酸味がある木いちごするりと甘いミルクのコラボは最高!

ミルクが嫌いでなければ、「木いちごすぐりみるく」での注文がおすすめです。

【宇治】のメニュー

宇治金時みるく 830円
宇治730円
宇治みるく(+ミルク)780円
宇治金時(+つぶあん)780円
宇治しるこ(+こしあん)780円
宇治金時みるく(+つぶあん・ミルク)830円
宇治しるこみるく(+こしあん・ミルク)830円

ほろ苦の抹茶にはやっぱりあんこ!

程よい甘さのあんことのコラボを楽しめます。

“つぶあん”と“こしあん”から選べるので、好みのあんこを選びましょう!

【黒みつ&白みつ】のメニュー

黒みつみるく 780円

 

黒みつ/白みつ各730円
黒みつみるく/白みつみるく(+ミルク)各780円
黒みつ金時/白みつ金時(+つぶあん)各780円
黒みつしるこ/白みつしるこ(+こしあん)各780円
黒みつ金時みるく/白みつ金時みるく(+つぶあん・ミルク)各830円
黒みつしるこみるく/白みつしるこみるく(+こしあん・ミルク)各830円

今回は黒みつをいただきましたが、「黒みつのシロップってこんなに美味しかったんだ!」という新発見!

マジで美味しいです!

ただし甘みが強めなので、甘すぎるのが苦手であればみるくを無しにするか、【木いちごすぐり】や【宇治】を選んだ方が無難です。

スポンサーリンク

腰掛庵の整理券は何時から配布されるのか

腰掛庵のかき氷を求めて、開店前から大行列ができるのはお馴染みの風景。

山形の夏の暑さは30度を超えることも少なくなく、何時間も待つのはかなり大変です。

そんな暑さ対策として、腰掛庵では整理券の配布を行っています。

整理券は何時から並べばもらえるのか・・・

実は一度整理券をもらいそびれ、リベンジ利用していますww

腰掛庵の開店時間は10:30、整理券の配布は9:00からとなっていますが、一度目に訪れたのは9時前。お盆期間中の平日の利用です。

SUZUME
SUZUME
2組前で整理券の配布が終了し、まんまとかき氷を食べ損ねましたww

 

「次は何がなんでも食べたい!できれば午前中に!」

と気合を入れて、次に訪れたのは土曜日の8時前!

到着した時点で既に10名以上の方が順番を待っていました。

ここで念願の腰掛庵のかき氷の整理券を手に入れた!

かき氷1個につき、整理券が1つ配布されました。

SUZUME
SUZUME
ちなみにこの日は8:30ごろから整理券の配布が始まりました。

その後の並んでいる状況を見る限り、9時前に並ばないと整理券を手に入れるのは難しそうです。

特に土日祝日は早めに並ぶに越したことはないですね。

暑さ対策をお忘れなく

腰掛庵の整理券の配布は、熱中症対策としておこなっています。

腰掛庵でも並んで待っている人のために塩飴や氷を用意してくれているほど、かき氷の時期の山形はとにかく暑い!

並ぶ際には帽子や水分などを必ず持参するようにした方が安心です。

腰掛庵の整理券の注意点

  1. かき氷を食べる時間を選ぶことはできず、並んだ順での受付です
  2. 一人で複数の整理券をもらうことはできません
  3. かき氷の注文は整理券を受け取る時に行います
  4. 指定された時間に戻らないとキャンセル扱いになります
SUZUME
SUZUME
せっかく手に入れた整理券を無駄にすることのないよう、時間には気をつけましょう!

整理券の待ち時間まではどう過ごす?

腰掛庵の開店時間(かき氷を食べられる時間)は10:30なので、整理券をもらっても必ずさらに待ち時間が発生します。

整理券の配布は9時からなので、最も短くて1時間半。

最後の方の整理券であれば5時間以上の待ち時間ができることに・・・。

短時間なら山形県総合運動公園であそぼう

1・2時間くらいの待ち時間なら、山形県総合運動公園を散歩するなどして過ごすのがおすすめです。

お子さんが一緒の場合でも、遊具があるので遊んでいる間にあっという間に時間が過ぎていきます。

待ち時間によっては山形県総合運動公園を一旦離れた方がいい場合もあるので、待ち時間に合わせて遊べるスポットを探しておくと時間を無駄にしなくて済みます。

駐車場は西駐車場が便利

山形県総合運動公園には、西駐車場、北駐車場、南駐車場の3つの駐車場があります。

腰掛庵が臨時店舗としてかき氷を販売している場所へ行くには、「西駐車場」が最も便利です。

国道13号線を車で走っていると山形県総合運動公園の「正面入り口」があります。

この「正面入り口」から山形県総合運動公園に入ると「西駐車場」に駐車できます。

ただし「西駐車場」が近いとは言っても、その他の駐車場も悲劇的に遠いわけではありません。

十分歩ける範囲なので、駐車しそびれたら慌てず他の駐車場に駐車しましょう。

スポンサーリンク

腰掛庵のかき氷の整理券をもらえなかったら・・・

あっという間に売り切れになってしまう腰掛庵のかき氷。

楽しみにして行ったのに、整理券をもらえないとなると悲劇ですよね・・・。

かちわり木いちごすぐり氷 730円
SUZUME
SUZUME
そんな時はこの「かち割り氷」を注文することもできます!

腰掛庵の「木いちごすぐり」と同じ手作りのシロップを使ったかち割り氷で、たっぷりのみるくも入っています。

氷は「かちわり」なので、腰掛庵で提供しているかき氷とは全く別物です。

カリッという食感が楽しめます。

「かちわり木いちごすぐり氷」なら待ち時間なく食べられる

かちわり木いちごすぐり氷は、開店時間前の9:30ごろから提供してもらえました。

お店の準備が出来次第提供という感じのようです。

かちわり木いちごすぐり氷は昼頃でも販売していました。

SUZUME
SUZUME
かき氷の整理券がもらえない場合でも、腰掛庵手作りのシロップが使われているかちわり木いちごすぐり氷に是非トライしてみてください♪

腰掛庵の不動の人気商品 わらびもち

腰掛庵の臨時売店(かき氷の販売場所)では、腰掛庵の人気商品の「わらびもち」も購入することができます。

常温での持ち歩きができるので、かき氷と一緒にお土産に購入しましょう!

驚くほどぷるんぷるんの食感で口の中ですっと溶ける腰掛庵のわらびもちは、お店の方でも閉店する前に完売してしまうことも多い人気商品です。

SUZUME
SUZUME

予約せずに臨時売店でも買えるなんてラッキー!!

わらび餅の賞味期限

わらびもちの賞味期限

常温保存:購入の翌日まで
冷蔵保存:購入の翌々日まで

スポンサーリンク

まとめ:並んでも食べる価値あり!噂の腰掛庵のかき氷

大抵期待していくと思いばかりが膨らんで、実際に食べたら「あれっ?」ってなることが多いんですが、腰掛庵のかき氷は全く期待を裏切らない!

並んでも食べる価値がある、期待以上のかき氷でした!

なるべく早い時間に食べたかったので、なんと朝5時に起きて腰掛庵に向かいましたが、本当に頑張ってよかったww

皆さんも是非腰掛庵の感動のかき氷を食べてみてくださいね♪

腰掛庵 店舗情報

今回紹介したかき氷を販売している腰掛庵は、夏季のかき氷の販売の時期だけ営業している臨時売店です。

本来のお店は天童駅の近くにあります。

住所山形県天童市北目1−6−11 [MAP]
電話023−654−8056
アクセス天童駅から徒歩15分
営業時間9:30〜17:00
定休日月曜(祝日の場合水曜日)
駐車場あり[無料]

人気のわらびもちは前日までに予約するか、早めに訪れるのがおすすめです。

※かき氷の販売はおこなっていません。